育毛剤成分比較

育毛剤に含まれる有効成分は、どんな違いがあるんでしょう?

そもそも「育毛剤」って何で出来ているの?

公益社団法人日本薬学会「ファルマシア」に掲載されていた、論文の中では下記のように記載されていました。

育毛剤には医療用を除き、作用機序が異なる有効成分がエタノール (それ自体 も血管拡張作用がある) を基剤として数種類、配合されている 、これらは副作用が認められないか、 副作用を生 じない量が用いられる。ビタミン類、アミノ酸など も配合されているが、主成分は末梢血管拡張剤、生薬や抗ア ンドロジェン剤である。
-引用元:「新しい育毛剤の効果」 JR東京総合病院皮膚科 永島敬士(CiNii論文ページへ)

記載されていたのは1989年なので、今は少し研究も進んで新しい配合成分なども出てきているかもしれませんが、おそらく大枠としてはこのような構成でしょう。

主なポイントは血管拡張作用ですね。

 

ナノアクションD、チャップアップ、イクオス、ブブカの育毛剤成分比較表

ナノアクションD、チャップアップ、イクオス、ブブカの成分について一覧表にしてみました。

オレンジで背景が塗られたところは4種類とも共通の成分で、赤字のところは、チャップアップ、イクオス、ブブカの3種類で共通の成分です。

有効成分はチャップアップ、イクオス、ブブカで変わらない

驚くことに4種類の育毛剤のうち、チャップアップ・イクオス・ブブカについては、3種の有効成分は共通でした

育毛・発毛については成分的にはさほど大きな違いはないことがわかります。

<共通の有効成分>
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン

ナノアクションDのみ、「酢酸DL- α-トコフェロール」が入っています。

センブリエキスの効果と副作用

センブリ
センブリの花

センブリエキスはその名の通り「センブリ」という植物から生成されています。

主に胃腸虚弱・下痢・腹痛・脱毛、として漢方で用いられていました。

最近になって、血行促進効果が期待され、多くの育毛製品で定着してきたようです。

抗炎症・抗酸化作用もあるようなので、育毛しやすい環境を整える、という点も期待が出来そうです。

一方、副作用については色々なサイトで「副作用がない」と書かれていますが、心臓病など血行促進効果のあるお薬に日頃注意されている方は、気を付けたほうが良いかもしれません。

チャップアップ育毛剤が他の育毛剤と違うところ

有効成分はイコス・ブブカと一緒でしたが、では何が違うのか?

表を見てみると、自然由来成分のところに果物系の名前がずらっと並んでいます。

この部分は、他の育毛剤と違う点です。

イクオスが他の育毛剤と違うところ

対してイクオスは、「海藻エキス(5)」「水溶性コラーゲン液(3)」が他の育毛剤と違う成分です。

コラーゲンが育毛に対して効果があるかどうか、については東京医科歯科大学の西村栄美教授が研究をしているようです。


イクオスの製品開発も、この研究をベースにしているので、コラーゲンが配合されています。