毛髪サイクルとは?

髪の毛の本数は生まれた時点で決まっており、約10万本あります。
髪には寿命があり、成長⇒抜け⇒同じ毛穴から新しい毛髪が生えます。

これをヘアサイクル(毛周期)といいます。

ヘアサイクルは、

初期成長期⇒後期成長期⇒退行期⇒休止期(⇒脱毛⇒新生)

に分かれます。
髪の寿命は、4~6年で一定の期間を経ると自然に抜け落ちます。
そして、抜け落ちたところから、また新しい髪が生えてきます。このくりかえしの周期を「ヘアサイクル」といって、およそ4~6年です。

髪はだいたい10万本ありますし、1本1本ヘアサイクルが異なるため、脱毛の時期が違い、通常は一度にまとめて抜けることはありません。

※精神的なショックなどを受けた場合には、円形脱毛症などとなり一気に抜けたり、抗がん剤の副作用により抜けることがあります。

正常な毛髪サイクル

正常な毛髪サイクル(出典; 育毛剤のチャップアップ冊子)

花王のホームページのヘアケアサイクル記載では、下記のようになっています。
(出典:http://www.kao.com/jp/haircare/structure_05.html)

成長期1

髪が生まれる最初の段階。古い髪が毛根から離れると同時に、奥のほうでは毛乳頭の指令によって毛母細胞が分裂を開始し、新しい髪をつくり始めます。

成長期2

新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとしています。このころになると、古い髪は簡単に抜け落ちるように。シャンプーやブラッシングで抜けるのは、この時期の髪です。

成長期3

古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く、太く成長する時期。髪は、成長期1~成長期3まで、毛母細胞が活発に働き、4~6年にわたって育ちつづけます。

※成長期(4~6年)の髪が頭髪全体にしめる割合は85~90%

退行期

毛母細胞の力が弱まり、髪が成長しなくなる段階。やがて毛母細胞から離れ、完全に成長をやめますが、この間は約2~3週間です。

※退行期(2~3週間)の髪が頭髪全体にしめる割合は約1%

休止期

成長が止まった髪はだんだん上のほうに上がっていき、今度は抜け落ちる準備を始めます。数カ月間はこの状態が続きますが、毛根の奥では、新しい髪をつくる準備をしており、再び成長期1へと続きます。

※休止期(数ヶ月)の髪が頭髪全体にしめる割合は10~15%

また、

髪は、1カ月で約1.2センチ伸びる
髪は、1日に0.3~0.5ミリ、1カ月で約1.2センチ、1年では約15センチも伸びます。髪の寿命は約5年なので、伸びる長さの限界は、計算上は約75センチ、だいたい腰のあたりまでです。

そうですから、なんだ!そっかと思いました。

1カ月に一度髪を切る時、1.2cm伸びていれば、禿げにはならない

はずです。

⇒自分の髪が1カ月でどのくらい伸びているのかを美容師に聞きましょう!!
⇒1.2cm以上伸びていたら、あなたは禿げにはなりません!!

はげの原因は毛髪サイクルの乱れ!

では、どのようにして禿げは起きるのでしょうか?

それは、毛髪サイクルの乱れが原因

なのです。

何らかの原因、この図ではDHTによる脱毛信号が原因と書いています。

その信号によって、本来は成長期が5年ほどある毛髪が脱毛の準備を始めて、成長期が数か月から数年に短くなってしまう。
それが理由で、毛髪サイクルが短くなって、薄毛になってしまう。

と書かれています。

ではDHTとは何なのでしょうか?

毛髪サイクル(イクオスwebページより)

 

DHT それは毛髪サイクルが短くなる原因

毛髪サイクルを正常にするためのたった3つの大切なこと