シリコン入りシャンプーはダメ?美容師が解説するメリット・デメリット

メリットデメリット

シリコン入りシャンプーのデメリット

シリコン入りシャンプーがなぜダメと言われているのかというと、

  • シリコンが頭皮につくとコーティング力が強いため頭皮に皮膜を作り、毛穴を塞ぎ、毛が生えなくなるという説
  • シリコン入りのシャンプーやトリートメントがしっかり流せていないとお肌のトラブルになるという説

があります。

これは多かれ少なかれ必ず誰にでも起こりうることだと思います。

 

シリコン入りシャンプーのメリット

ただシリコンはロングヘアの方や細い毛の方にはとても強い味方だと私は考えています。

実際に私もシリコン入りのシャンプーを使っています。

私の髪は細く長くクセがとても強くて、かなり痛んでいます。

ノンシリコンのシャンプーは泡も立てられないほど指が地肌に通りません。

そしてハイダメージの髪もシリコン入り、もしくはそれに変わるものが入っているシャンプーでないとダメージがどんどん進行していきます。

 

皮膜がないということは外的刺激からお肌や髪を守れず乾燥やダメージを防ぎ切ることは難しいです。